ご挨拶

資産→負債

かつて不動産が資産であった時代がありました。

不動産は持っていれば値が上がりました。

長期のローンを組んでも、返済が終る頃には購入金額以上の値がついていました。

たとえ返済の途中に予期せぬ出来事があっても、売却すればなんとかローンの負担を免れることもできました。

個人の資産形成の重要な部分を占めていた時代がありました。

 

住宅
 

しかし、今、不動産は資産とは成り得ません。

都市部の限られた地域を除けば、価格は下がり続けています。(今までも、そしてこれからも)

ローンの返済が終わる頃には、購入時より何割か下がった値しかつきません。

途中で売却しても、ローンの負担だけはしっかりと残ります。

 

空き家イメージ
 

不動産=リスク

売却できればまだマシ、かもしれません。

 

不動産は所有しているだけで様々な費用が発生します。

固定資産税等の税金、建物があれば修繕費、更地の場合も草刈り等等。

 

もしかすると処分しようにもできず、ただただ費用を負担するだけ、なんて事になるかもしれません。

 

ネコ
 

今は、不動産を所有することはリスクを負担することと同義語、だと考えます。

 

コンサルティング

とは言え、不動産を所有することを頭から否定するつもりはありません。

人によっては、若しくは場所によっては、あるいは場合によっては、不動産を所有することは意味のあることかもしれません。

 

握手
 

不動産所有のメリット・デメリットからはじまって、様々な悩み・不安・疑問に向き合います。

ありとあらゆる可能性の中から、ベストな(場合によってはベターな)回答を見つけ出すお手伝いをいたします。

カテゴリー

アーカイブ

2016年7月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

TOPへ戻る